犠牲祭当日<牛の解体作業>

一年に一番と言っていいてほど大きなイベントの犠牲祭。
余裕のある家庭は、羊・牛・山羊などをほふり貧しい人々と分け合うことをイスラム教の五行の一つ、『喜捨』として行います。が、今年の犠牲祭は景気が悪いから?なんだか静かめ。
e0374697_19190896.jpg
マスク模様の可愛い背後霊。

e0374697_19190967.jpg
隣町でみた葉巻屋?の手作りタバコ。約100円。タバコ吸わないけど気になる。美味しいのか?
一般的なタバコの半額以下だから、これが美味しいならこっちにしたらお得。喫煙者の人たち。


***観閲注意 犠牲祭のいけにえです***


お友達のお家。弟、義妹などの親戚ファミリーで大型牛一頭手配。
e0374697_21105547.jpg
働かざるもの食うべからず。ファミリーメンバー全員で解体、断切作業。

毎年のことなので、吊るして作業する道具も完備。
e0374697_19190809.jpg
お父さんが後ろで作業している皮は業者に売ることができます。

切りたての牛はあまり評判が良くない。お腹の調子が悪くなる人も(食べ過ぎ?)。
時間が経ったほうが、牛肉にある酵素でタンパク質が分解されて、旨味成分(アミノ酸)に変わるので、数日後がオススメなのです。

私は毎年破棄する脂肪部分を猫の餌でもらってます!

[PR]
by daisy_cappadocia | 2017-09-02 21:23 | カッパドキアの日常 | Comments(0)

トルコの世界遺産カッパドキアでトルコ手芸のオヤ刺繍ショップ<デイジー>およびキリムバッグ店<デイジーアトリエ>を運営しています


by daisy.ocnk.net
プロフィールを見る
画像一覧