カテゴリ:旅行( 6 )

トルコの軽井沢にいます

盆は過ぎましたが、現在夏季休暇中です。
トルコの北部、黒海地方にあるボル県のリゾート地アバント。
黒海地方ですが、ここは湖のほとりなので、海はないです。
日中は20度いかないくらい。馬車ばっかり。

e0374697_19190179.jpeg
冬のリゾートで有名ですが夏も混んでます。ピクニックする人でいっぱい。
特に猛暑の今年にはありがたい気候。

e0374697_19190462.jpeg
お友達とサイクリング。湖一周45分。かなりきつい。
何がきついかというとサドル!日本のようなクッションがなく、硬いプラスチック。
すぐ返却しようかと思いましたが、お友達が平気そうだったので仕方なく続行。
1時間約300円のレンタル料を払った拷問。

e0374697_19191422.jpg
バザールは10軒くらいあるのに売っているものが皆同じ・・・
カルテル?違うもの売ったら罰金?
欲しいものはありませんでした・・お土産にできそうなものもない・・・

e0374697_19191425.jpg
バーのカラオケナイト。トルコ語しかない。英語もない。


夜は肌寒く、トルコ人にとっての避暑地、軽井沢のような感じ?
トルコに住んでいる人がゆっくりするのに行くならいいですが、
海外からの観光客の人にはおすすめでないです。
観光場所が少なくて飽きてしまうかも・・・

最近は私の住む村にも水が戻ってきたらしいので、もうそろそろカッパドキアに戻りますー。


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

DAISYatelier

[PR]
by daisy_cappadocia | 2017-08-21 19:36 | 旅行 | Comments(0)

トルコのハワイとはここ

断食月は断食している人はもちろんのこと、断食していない人にも辛いのです。
理由・・
1、仕事が遅い、または間違いが多い
2、みんな機嫌が悪い、または死人のような態度
3、閉店しているところもある(飲食店)
4、酒類を出さない・売らない
5、気を使って外食しにくい
6、お友達との茶会がないから退屈

他にもいろいろありますが・・・
とにかく、退屈なのです。
なので避暑?避断食?ということで毎年恒例になりつつある地中海にやってきました(実店舗とオンラインショップは営業中です!)

ホテルのプライベートビーチ。
と言っても一人3千円のリーズナブルなホテルです。
なぜかオンラインで予約したのより安いリラ請求がくる。不思議。
e0374697_22160290.jpg

e0374697_22160377.jpg
海外から来てくれたお友達のお土産。遠くから3本も持参。

e0374697_22160191.jpg
ここは天国なのかな、と何度も思いました。

e0374697_22160201.jpg
ハワイに行ったことがないけど、ビーチにはまる気持ちがここに来るようになって、やっとわかるようになった山派です。

e0374697_22261181.jpg
採れたてのイカのイカフライ。
イカフライは高級で900円くらいします・・・
900円じゃなかったら100皿食べたい。

そしてこの地のいいところは、日帰りでギリシャの離島にもいけます。
村から40分のフェリーでギリシャ。
e0374697_22261266.jpg

ギリシャについたらボート(一人10ユーロ)に相乗りして青の洞窟へ。
e0374697_22261213.jpg
美しすぎて卒倒しそうです。


気になるリゾート地はこちらです↓日本の人にもっと行って欲しい!
カッパドキアとこことどちらか選ばなければいけなかったら、ものすごく悩むくらいどちらもオススメです。




[PR]
by daisy_cappadocia | 2017-06-21 22:37 | 旅行 | Comments(0)

田舎脱出/後編<カッパドキア〜シャンパーニュ>


お友達が働くメゾンがこちら>ジャニソン・バラドン
e0374697_22411292.jpg
外観。エペルネの駅からすぐ。

e0374697_22394946.jpg
おしゃれな内装。シャンパン以外にもワイン系グッツがたくさん。
こちらシャンパンは日本でも取扱いがあるので買えるようです。
楽天にありました。

3日目
e0374697_22401490.jpg
またお友達が作ってくれたガレットとホワイトアスパラ。
ホワイトアスパラってはじめて食べました。巨大なコーン粒を筒にしたものを食べている感じ。美味しいです。

お昼の後はカルフールでお買い物。
e0374697_22400095.jpg
チーズ大国。トルコのチーズもおいしいけれどさすがに飽きた・・・
種類はやっぱりフランスのほうが多いなー。


エペルネから電車で30分のランスへ観光。
e0374697_22401313.jpg
世界遺産のノートルダム大聖堂。

e0374697_22401479.jpg
圧巻。今回、フランスに来て大聖堂みたのこれが初・・・
昼寝を取りそうなわたしをひっぱってきてくれて感謝。


夜は日本のシェフがいるフレンチビストロのお店。DOKO KOKO BISTRO
シェフが星野源さんに似ていて気になった、そしてメニューの出し方が斬新(上のリンクから見れます)。

星野源さん似のシェフのお兄さんがこの場所でお店をやっていて
ミシェランが付いて場所を移動したそう。なのでビストロなのに本格的。
e0374697_22394926.jpg
前菜、メイン、デザートで29ユーロ。お得。
これはお友達の前菜。一番おいしかった。

フランスに行かれる方はパリを短くしてでもシャンパーニュ地方に行かれることを強くおすすめします! 完 


にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

[PR]
by daisy_cappadocia | 2017-04-19 00:28 | 旅行 | Comments(0)

田舎脱出/中編<カッパドキア〜シャンパーニュ>

カッパドキア〜パリの続きです。
パリからシャンパーニュのエペルネまでは1時間半(24ユーロ)の列車で到着。

シャンパーニュのメゾンで働くお友達のお家に3泊させてもらいます。
着いた日。
e0374697_02053578.jpg
マルシェで買ってきてくれていたチーズ。
トルコのチーズに飽きていたので全部美味しい。止まらない・・・

e0374697_02054075.jpg
豚肉もトルコで食べられないので感動。フォアグラまである―!
シャンパンはお友達が働いているメゾン(あとで書きます・・・)の。
最高!幸せ!生きているって素晴らしい。
たまに感性を磨く旅に出ないと、六感が錆びますね・・・
錆びた六感が磨かれるのを実感。

2日目。
なんとこのお友達はシャンパンが好きすぎてシャンパーニュで働いている。
そして住んでいるのはシャンパン通り。住所が実際にそう書かれている。

そんなシャンパン通りには・・・
ルイビィトングループのモエ・シャンドン。
e0374697_02044378.jpg
モエシャンの外観は普通です。

e0374697_02052605.jpg
中にはいると、どーん。ドンペリ。ドンペリもモエシャンのグループ。

別のお友達と赤ちゃんも合流。手編みのお人形はカッパドキアから持ってきた私からのプレゼント。気に入ってくれたー。

e0374697_02051907.jpg
シャンパングラスで作ったシャンデリア。斬新。
さすがLVMH、儲かってますという感じ。


お次はエペルネでも有名なチョコレート屋さん。
e0374697_02055091.jpg
サロン・デュ・ショコラでも人気のあるエマニュエル・ブリエさんのショップ。
お友達の知り合いで暖かい素敵な人でした。
美味しいものができるのが分かる人柄。

e0374697_02055582.jpg
最後に試食用じゃないチョコレートまで食べさせてくれて満喫。
もっと買えばよかった・・・小さいスーツケースで来たの後悔。
日本でもイベント時は臨時的にデパートで売られているようです。


夕飯はまた普段食べたくて仕方がないけれど食べられないもの・・・
e0374697_02325725.jpg
餃子!しかも手作り。お友達は料理が上手。
シャンパンにも合いすぎる・・・
メロンと生ハムが一気におしゃれにしてます。
感激。美味しくて涙が出る・・・・幸せ。

e0374697_02334121.jpg
食後酒。フォアグラにぶどうのリキュールを食べてかけるともう別世界の旨味。
行ったことのない世界に行ってしまったような。
このリキュールもお友達のメゾンの。

毎日こんな生活だったらどうしよう!早く死んでも後悔しないかな・・・
カッパドキアに戻っても食べ物の写真、ずーっと眺めてしまう。




[PR]
by daisy_cappadocia | 2017-04-18 02:43 | 旅行 | Comments(0)

田舎脱出/前編<カッパドキア〜パリ>

長かったようで短かったようなフランス5泊。
イスタンブールからは3時間半だけど、カッパドキアーイスタンブールが入るので、半日以上かかる・・・

なんかいろいろ印象的なことがたくさん。

カッパドキアの家を出て、パリ郊外のお友達のお家についたのが夜8時過ぎ(フランス時差−1)。2泊させてもらいます。
e0374697_04373178.jpg
お友達のかわいい娘と新入り猫、ベラ。
ベラは2日間なぜか私と寝ていた。暴れるので寝不足。
そして、じゃれてくるので傷だらけ。

e0374697_04330243.jpg
パリではUber!すごい便利!
予約して2分くらいでもう車が来る!すごい!しかも安い。
20分くらいの距離で15ユーロ?タクシーの半額だ。
もちろん、カッパドキアには導入されてません。。。

e0374697_05001387.jpg
2日目。パリの公園でお友達の誕生日パーティー。
エリートがたくさん。移民なのにみんなパリでがんばってる。
ピンクの方は大使館員で、この人のお土産のケーキが美味しすぎた。
美味しいものをくれるひとに悪人はいない。

e0374697_04333223.jpg
パーティーの後はベトナム料理。今まで食べたフォーの中で一番美味しい・・・
フランスってすごい。なに作ってもおいしいのか。。


e0374697_04333237.jpg
パリ最終日。ベラ、持って帰りたい。


日本から来ているお友達(女医さん)と合流。
女医さんの仕事関係の方の同級生のお店へ。
e0374697_04340296.jpg
メディアでも取り上げられている関根さんのお店(マレ地区)。
和食フュージョン/無国籍料理。

関根さんの詳細はこちら⇓
女医さんが頼んだメキシカン。
e0374697_04333218.jpg

私のとんこつ。トルコにないもの。あれ、まだフレンチ一度も食べてなかった・・・
e0374697_04333298.jpg
関根さん、ごちそうさまでしたー!
ひっきりなしにお客さんが入ってきて大繁盛。
鉄板で焼いていたふわふわのパンケーキもおいしそうだった。。。

関根さんのお店 DERSOU とってもおすすめ。
ディナーも行ってみたいな。

このあとピカソミュージアムに行って、パリから1時間半のシャンパーニュへ移動!
意外と近い。
つづく・・




[PR]
by daisy_cappadocia | 2017-04-15 04:57 | 旅行 | Comments(0)

ホームシックにかかる・・・

6日間のバーケーション終了。
キャンペーンのイスタンブールーパリ往復150ドル。安い。
フランス滞在記はまた今度。

e0374697_04263520.jpg
ターキッシュエアラインズには空飛ぶシェフがいます(国際線)。
普段はエコノミーまであまり来ないけど、
女性クルー3人が裏で口論していて、彼はヘルプっぽい。やりにくそう。
クルーには男性がいると場が和んだりするけど、
TKは男性クルー少ないですね。日本便ではよく見るけれど。

でもTKは他のエアラインに比べてもかなりいいです。
いつもはお客さんを置いて口論なんてない。
前の席のおばあさんが急病でドクターコールかかったから、いろいろ大変だったみたい。

家族に元航空関係者がいるけれど、空の上の仕事って本当に大変。
数時間逃げ場ないから・・・あと機内って特別空間でストレスレベル上がりますね。
忘れられない話では、エコノミーで海外出張ビジネスマンにビールをお願いされて、何度もっていっても「ぬるい」と戻されて最後、なすすべがなくて泣いてしまったとか。。。
もしなるならパイロットだな!


画面の映画は何回も観ているララランド(ライアン・ゴズリングを観るために行きも帰りもこれ)。

e0374697_04282717.jpg
機内食。アワードよくもらっているだけあっておいしい。
ワインはフランスのとトルコの選べます。

映画観ちゃって、機内で仕事できなかった・・・

e0374697_04263592.jpg
イスタンブールからの帰り。

e0374697_04264461.jpg
機内誌特集は京都。

e0374697_04264392.jpg
見開き特集で6ページもある。2月に関西便停止したのに・・・



楽しいはずの旅行なのにいつも早く帰りたくなってしまう理由はこの方。
e0374697_04245485.jpg
2泊過ぎるともうだめだー。ホームシック。。
日本の家に対してホームシックになったことないのに!

家の鍵はご近所さんが持っていて、何かあったら助けてくれる。
猫エサトイレは多めに設置。
遊べるようにおもちゃたくさん。

帰ったら怒っているっぽかった。
まあ普通怒るな。次の旅行、気が重い。


[PR]
by daisy_cappadocia | 2017-04-14 04:40 | 旅行 | Comments(0)

トルコの世界遺産カッパドキアでトルコ手芸のオヤ刺繍ショップ<デイジー>およびキリムバッグ店<デイジーアトリエ>を運営しています


by daisy.ocnk.net
プロフィールを見る
画像一覧