トルコの日本人元留学生、NHKに登場

あしなが育英会の奨学生としてトルコにいた村尾くん

デイジーのトルコのお友達でもありますが、帰国後、今日本で問題になっている子供の貧困問題に携わり、活躍しています!

NHK Eテレ

ブレイクスルー File.68 自分たちの声で社会を変える―子どもの貧困対策NPO村尾政樹―

6人に1人の子どもが貧困状態と言われる日本。今回の主人公は、この状況を改善しようと取り組むNPO事務局長の村尾政樹さん(26歳)。村尾さんは経済的な困難を経験したことのある学生たちと一緒に活動することで、子どもが生きやすい社会を作ろうとしています。
村尾さん自身、厳しい子ども時代を送りました。小学生の頃、母親が自殺。その後、生活や進学に困難を抱えた経験から「困っている人の力になりたい」と思うようになります。
しかし大学生の頃、支援に向かった東日本大震災の被災地で、無力さに打ちひしがれました。「自分は誰の力にもなれないのではないか」。そんな時、村尾さんを救ったのは後輩からかけられた、ある言葉でした。学生たちと共に、子どもたち
に寄り添い、社会を変えようと奮闘する村尾さんのブレイクスルー。

NHK

e0374697_02032861.jpg
村尾くん(中央)。

村尾くんの書いたノンフィクションを読むと、現代の貧困がとても身近なことに感じられます。



村尾くんが運営する子供の貧困センターあすのばでは活動をサポートするメンバーを募集しています。

デイジーも少ないですが寄付させていただいています。
少ない額でも寄付ができるので、活動メンバーがもっともっと増えるよう、村尾くんの活動を応援しています!





DAISYatelier
トルコのレザーで作った世界にひとつだけのバッグ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by daisy_cappadocia | 2017-02-23 00:07 | カッパドキアの友人 | Comments(0)

メキッキオヤ祭り<タティングレースの刺繍>

刺繍好きの方にとって、とても根強い人気のメキッキオヤ。
作るのがとても大変で、縫い子さんの数も限られています。

そんなメキッキオヤですが、日本向けのデザインで作成しました!
e0374697_00313644.jpg
こちらはロングタイプのメキッキオヤのラリエット。

2メートルあるので、ぐるぐる巻きにしてショートネックレスとして使ったり、
ベルトやバッグに付けることもできます。

e0374697_00315296.jpg
こちらはビジュータイプのネックレス。
4連になっているので、ゴージャスに使いたいときに目立って素敵です。

e0374697_00315836.jpg
とっても細かく丁寧な作り。

色、長さ、多種揃えてありますのでご覧ください。

メキッキオヤ特集 
e0374697_00321063.jpg




DAISYatelier
トルコのレザーで作った世界にひとつだけのバッグ

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


[PR]
# by daisy_cappadocia | 2017-02-22 00:48 | オヤアクセサリー | Comments(0)

自分で作ったほうがまし

年々物価上昇中のトルコ。
カッパドキアのドネルケバブも6リラ(大体200円)くらい。

でも隣町の口座を持っている銀行の側で
3リラ(100円)!のケバブサンド屋見つけました!
e0374697_04015789.jpg
この新しい店の隣には、老舗のケバブ屋があって、そこは高くて肉が少ない。
でもこの新しい店のは肉も多く、シェフの人柄も良い。
安すぎて心配。コーラがケバブより高い(3.5リラ)。

偶に食べたくなるケバブ、でも村で6リラ払うのは嫌。
そしてケバブ屋だと野菜が少ないし、肉が脂っこい感じがする。

トルコ人主婦に相談したところ、
「スーパーで冷凍の売っているよ」
とのこと。

早速買って来ました。
e0374697_04030143.jpg
皮、12枚入り、約100円。
肉900グラム入り、12リラ(400円)。
ドネル肉は、チェーンレストランのブランドのもの。

手作りしたら、ケバブ12個で500円!1個40円!
ケバブ屋の原価が思ったよりずいぶん安いことがわかりました。
ケバブ屋やりたいくらい。

早速クッキング(温めるだけ)。
ケバブ屋のより美味しい!野菜も家で入れ放題。ヘルシー!?
e0374697_04032670.jpg
自宅がケバブ屋の匂いになる。小さい獣に狙われるのが難。

それでも自宅ドネルはおすすめです。


[PR]
# by daisy_cappadocia | 2017-02-21 04:19 | カッパドキアの日常 | Comments(0)

春が楽しみ〜トルコ製コットンの花畑スカーフ

2017年の春向け新作アイテム、出来上がりましたー。

e0374697_03123013.jpg
今まで何枚もご注文いただいていたピンクコットン。
お客様からのご意見を導入し、モチーフを小さめに、使いやすくなりました。

今年春の流行色、ピンク。

e0374697_03143105.jpg
パープルも、使いやすいパステルパープル。

コットンはテキスタイルで有名なここトルコで
スカーフのために加工してもらいました。

e0374697_03260796.jpg
立体の細かい作業のお花たち。
シルク混合糸で編み上げています。

見ていて本当にかわいいお花たち・・・

他のお色もありますのでご覧くださいー!

[PR]
# by daisy_cappadocia | 2017-02-20 03:09 | オヤアクセサリー | Comments(0)

仕事とプライベートの区別は付けないのが常

今までお客様第一でやってきた仕事人生に疑問を抱く瞬間。多々有り。

土曜のブランチのような一幕・・・
e0374697_02324662.jpg
ホテルの受付です。。
ホテルを入ってすぐ、大家族と従業員が食事をしている・・

食事をしていない時はオーナーさんが寝ている。いびきをかいて。
用事があるときは申し訳なさそうに起こさないといけない。
オーナーさんの友達もテレビを観たり、横になったり。。。家?

e0374697_02341531.jpg
ホテルのオーナーさんのお母さん手作りのパン。
これも受付でこねていた・・・
さすがに美味しい。


そしてお昼に行ったカフェ。
e0374697_02353382.jpg
急に楽器を叩き出すオーナー(ショーでない)。

e0374697_02362534.jpg
踊りたくなったからお客さんと踊り出す。

カッパドキアのコンセプト:
お客様は友達です・・・
スマイル、有料。

日本のサービス業にもこのゆるさを採用して欲しい・・・
サービス業の人たちが完璧すぎて、恐れ多くなってしまう。

働くことは生きること、働くひとは偉いのだ。






[PR]
# by daisy_cappadocia | 2017-02-19 02:29 | カッパドキアの日常 | Comments(0)

トルコの世界遺産カッパドキアでトルコ手芸のオヤ刺繍ショップ<デイジー>およびキリムバッグ店<デイジーアトリエ>を運営しています


by daisy.ocnk.net
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る